女性が漫画家として稼ぐ

戦後の日本は、男女の権利が平等になっている職場も増えてきました。しかし、女性が年収1000万円を稼ぐのは、並大抵のことではありません。そうした稼ぎに恵まれたい場合、自分の才能を使った仕事に就職するようにしましょう。例えば、漫画家は成功すれば潤沢な印税が手に入る仕事です。年収1000万円も夢ではないのです。男女差別の少ない職業でもあるので、女性にとって働きやすい仕事であると言えます。こうした職業に就きたいのであれば、できるだけ早い時期から作画能力を磨くようにしましょう。特に、パソコンが一般化している時代において、CGイラストを描けるスキルは欠かせません。また、漫画家として年収1000万円稼ぎたい場合、自分にあった雑誌を見付けるのも大切です。どれほど自分に才能があっても、編集部は雑誌によって求めているカラーが異なるため、賞に受からないことがあります。もし適切なアドバイスがもらいたいのであれば賞に投稿するのではなく、持ち込みに行くという手も考えましょう。持ち込みであれば、その場で編集者からアドバイスをもらえます。もしも方向性が異なっていた際は、注意してもらうこともできるのです。漫画家としてデビューした後も、できるだけアシスタントに費やすお金を削減するのが重要となります。漫画家は高収入が見込める仕事ですが、印税が入る前はアシスタント費用によって収入が削られてしまうものです。もし身内に作画能力がある人がいれば、節約のために手伝ってもらうと良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です